ウイリアムとケイト。。。。ファーストフードレストラン。

日曜の朝ニュースを聞いてたら。。。一寸嬉しいニュース。

イギリスは、将来の王と王妃となる William 王子と Kate妃のロイヤルウディングが早くも一周年を迎えました。
暗いことが多いこの頃、灯りを灯してくれたような2人。
この2人を見てると凄く新鮮で微笑ましく、イギリス皇室がみじかに感じられます。
ウイリアムの父であるチャールズ皇太子と故ダイアナ妃の結婚は問題が多かったので、それを見てるからかもしれませんが、この2人は自国をリフレッシュしたと言っても過言ではない気がします。2人を見てると、イギリスの将来は大丈夫だ。。と感じる。


きれい。。。。

a0204348_9221582.jpg



この二人は大学で知り合い。。同級生でした。スコットランドの名門、セントアンドリュ−大学在学中、あるファッションショーにて、ケイトさんが黒い下着が見えるシースルーのベィビードールを着て登場。この姿を見て、ウイリアム王子は目が釘付けになり(?)一目惚れしたとか!?笑、これから交際がスタート。
なんと微笑ましい!


8年間の交際の末に、やっとウイリアムがプロポーズ。
プロポーズを待ち続けたケイト妃に対し、世間は一寸シビアな表現をしましたね。
ウエィティ ケイト (待ちぼうけのケイト)、好きな人を待つのは、別にウイリアム王子だけででなくて 誰にでも当てはまると思う。

ウイリアム王子はケイト妃の父親から直接に結婚許可をもらったそうで、王室でははじめてとこと。ケイト妃は元ダイアナ王妃の形見のブルーサファイヤを贈られました。

日本皇室と比べると開放的なイギリス皇室。
ウイリアム王子は、母が王室入りした際に大きな苦難を経験したことを理解し、いろいろとケイト妃に配慮をしている。
こんな中で、ケイト妃は次々にファンを増やしてます。彼女は平民の出身。それゆえに国民の気持ちを汲み取り、共感し、支援する、そしてファッションと供にスポーツを楽しみ、健康的に生活する。こうした前向きなメッセージを、ケイト妃は私たち一般人に伝えてます:)


a0204348_924528.jpg



さて、今回はファーストフードのお話。

通常ファーストフードは食べまない私。それが、今一寸気に入ってるのがあるんです♪
ファーストフードと言えば、マクドナルド、ケンタッキーフライドチキン、バーガーキング、、ハンバーガーとか揚げ物を主体とするのが多く。それに付随してくるのが、フレンチフライ、ソーダ。これを食べ続けると肥満直行、プラス健康障害がでてくる。

こんなことを分かっていても、便利なのでついつい利用してしまう人。
良い点は、今見直されてます。。健康に向かってます!?

ところで、私が好きなのは、Chick-fil-A(チックフィレ)のチキンナゲットとワッフルフライ。


a0204348_9262694.jpg



牛が、チキンをもっと食べなさい。。何となく可愛い〜〜!


a0204348_9272660.jpg



他のファーストフードレストランと違うことは、

日曜日は全店閉店。
創業者が熱心なクリスチャンである(日曜は神の為に時間をとり、家族と過ごす)
創業者はお店に顔を出してる。
凄い慈善家。

私が感じたことは、
社員の教育が良い。笑顔、丁寧、職員にはクリスチャンが多い。


何が良いか〜〜6ドル貰って15ドルの価値があるサービスを心がけている

日本では当たり前の教育のようだけど、こちらではそうでは無い。普通は6ドル払えばそれだけのサービスなのだ。時々それ以下、と思おうことすらあります。




Have a wonderful day!

Thanks for stopping by.


地域情報(北アメリカ) ブログランキングへ
[PR]
by go--neko-chan2 | 2012-04-30 09:38