新鮮な卵/コレステロール値を上げる??

友人が鶏を飼ってるんですよ〜〜。
一週間ほどバケイション中なので、一寸お邪魔して新鮮な卵を貰ってきました。



a0204348_23381616.jpg



こんな色の卵です。
鶏さんは寂しいのか小屋に行くと、コッコッコッコ〜〜とよって来て可愛いんです♪
庭仕事してると、ついて回るそうで、子供みたいに可愛がってると聞いてます!


a0204348_23384891.jpg



以前飼ってた鶏は、冬になると日照時間が短くなるせいか,卵を産まなくなったそうですが、この手は。。。四季かまわず毎日せっせと産んでるそうです。
改良されたのかしら?

それで,以前から不思議に思ってる黄身の色について検索しました♪

こちらの黄身の色は殆ど黄色。日本だとオレンジ色が多いのでどうしてなのか疑問だった私。

卵黄の色はカロチノイドという色素で卵の餌に由来してるそうです。

黄色の色素:トウモロコシに多く含まれていて、これが卵の黄身に移っているんです。
オレンジ色の色素:赤い色素が強いパブリカなどを混ぜた餌を食べれば、
         黄身はオレンジ色となる。
より黄色を濃くする為には、マリーゴールドを餌に使うと所もあるそうです。

こんな由来なんですが、黄身の色によって含まれる栄養が大きく違うという事はないそうです。いままで、着色料を使って色を変えてると思ってたので検索して良かった。。


皆さん知ってましたか?

卵って ”最も完全に近い栄養食品” で、良質なタンパク質やビタミン,ミネラルなどの栄養素が含まれてます。考えてみれば、卵一個から一人の命が生まれ、ヒヨコとなり鶏となるのだから,卵にはヒヨコや鶏が育つ為の栄養素がぎゅっと凝縮さてれいるんですね。



卵はコレステロールを上げる?

悪いイメージが定着した背景には、ウサギに卵を食べさせた所、血中コレステロールが増加した。。。
ウサギは草食動物。植物にコレステロールは含まれてませんね。そんなウサギに動物性の卵を食べさせれば、コレステロール値が急上昇してしまうのは当たり前。

これが誤解の原因になってしまったそうです。

卵黄に含まれているレシチンというリン脂質はLDLを低下させる働きがあり、また卵に含まれるオレイン酸という脂肪酸は、LDL値の低下とHDL値を増やす働きがあるそうです。。。こんな訳で、卵を食べてもコレステロール値は上がりません。

これで安心して食べてます♪♫〜。


卵の食べ方なんですが、どんな料理でも好き。
生だったら、白身だけを温か御飯にかけて醤油をちょっとかけると美味しいですね!
良く気持ち悪い〜〜なんて言われます:)

皆さんの好きな食べ方はどうでしょう?

a0204348_2346467.jpg




Enjoy the nice weather.
Thanks for stopping by!


地域情報(北アメリカ) ブログランキングへ
[PR]
by go--neko-chan2 | 2012-05-19 23:47